☆やまなか動物病院のブログです☆

2014年7月19日 土曜日

犬と猫を一緒に飼う場合



こんにちは☆
去年はクラゲを飼ったので♡今年は小さいエビを飼いたい秀美です(^^)v




引っ越しを繰り返すうちに、、、
今の家には、犬5匹、猫2匹、ウサギ1匹......



また、猫が1匹増えるみたいです(^-^;!!!
ムツゴロウさん状態...


犬と猫は私たち人間にとって身近な動物ですが、習性がそれぞれ違います。共通する部分もあれば違う部分もあり、見ていてとても面白いです♡

そんな私から♡今日は犬と猫を一緒に飼う場合についてお話致しますm(__)m

まずはそれぞれの習性についてです♡



■犬■

・飼い主または可愛がってくれる人などによく服従し 愛情を注いだ分 愛情を注ぎ返してくれます。
・愛情を独占したい嫉妬心も非常にあります。
・警戒心が強く縄張り(領域)を守ります。
・走るものを捕まえたり追いかけたりします。
・群れで生活し、順位をつけます。
・家族をよく観察し その中でリーダーを決めます。
・穴を掘る・物をかじることが好きです。



★猫★

・自尊心が強いため孤独を好みます。
・とてもキレイ好きで体や自分の居場所を汚しません。
・警戒心が強く自分の縄張り(領域)を守ります。また主張します。
(特に未去勢のオス猫は縄張り意識が高くケンカも増えます。)
・夜行性なので昼間は寝ていることが多く、夜活動的になります。
・動くものを追う、捕まえる、叩くなどの習性があり、獲物など捕まえる時など根気よく待ち忍び寄ります。
・高い所が好きです。




犬と猫を一緒に飼う時に気を付けること♡

・何よりも飼う前に、先住の子を優先に考えて選ばないといけません。
・成猫が先住している場合は、なかなか犬を受け入れてくれない場合が多いです。
・成犬が先住していて子猫を迎える場合は比較的、受け入れてくれるケースが多いようです。
(犬も猫も社会性を身につける生後6~14週に飼い始めるのが馴染みやすいそうです)
・お互いの習性にあったストレス発散おもちゃを準備してあげる。
(犬:かじるおもちゃ、猫:マタタビの臭いの爪とぎ)
・お互いの習性にあった環境を準備してあげる。
(犬:走れる広さ、猫:登れる場所をつくる)
・犬と猫は必要な栄養が異なるためお互いのフードを食べあわないように気をつける必要もあります。
・犬と猫、同じように愛情を注ぎましょう。
・猫の爪はとがっていて、喧嘩などをして犬の眼などを傷つける危険性もあるので、室内猫は爪をしっかりと切るケアをしましょう。


飼い主さんに忠実で素直な犬と自由気ままにのんびり生活する猫♡
みんな一緒に生活できて幸せ♡
と思っているのが、人間だけにならないよう注意したいものです(>_<)







写真は手術中の先生♡
病院にでもいいからっ  小さいエビちゃん飼って~(≧▽≦)♪♪♪


横須賀市佐原のやまなか動物病院は
明日も19時まで診療しています。

http://www.yamanaka-vet.com/


投稿者 やまなか動物病院

カレンダー

2016年3月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31