☆やまなか動物病院のブログです☆

2014年8月15日 金曜日

犬の不妊手術:雌

こんにちわ。院長の山中です。

猫の不妊手術に続き

犬についても書きたいと思います。



犬の避妊手術のメリットとしては猫と同様に

乳腺腫瘍の予防効果があります。

〇 避妊手術による乳腺腫瘍の予防効果
  初回発情前  99.5%
  1回発情後    92.0%
  2回発情後    74.0%
  2.5歳以降    効果なし


といった報告もあります。



犬は猫よりも乳腺腫瘍の発生が多く見られますが

猫がほとんど悪性なのに対し

犬はその50%が悪性で、残り50%は良性と言われています。

また悪性のものでも早期に治療すればその

50%は助かるとも言われています。

つまり乳腺腫瘍になっても早期に対処すれば

75%は助かる可能性があるということです。



この他のメリットとして卵巣と子宮の腫瘍の発生や

子宮蓄膿症(子宮の細菌感染症であり子宮内に膿がたまる病気)

の発生がなくなるといったことがあります。

また、発情時の発情出血や偽妊娠もなくなります。



避妊手術のデメリットとしては

まず肥満になりやすくなることが挙げられます。

また、まれに尿失禁(少しずつ尿が漏れてしまいます。)

を起こすことがあります。

これは治まることもありますし、一生続いてしまう場合もあります。



上記のようなメリット・デメリットを考慮して

避妊手術を行うか決めていくことになります。

個人的には生殖器系の腫瘍や感染症は命に関わることがあるため

避妊手術をすることをお勧めしますが

絶対にしなければいけないという訳ではないので

迷われている方は、かかりつけの獣医師に

ご相談されるのがいいかと思います。


投稿者 やまなか動物病院

カレンダー

2016年3月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31