☆やまなか動物病院のブログです☆

2014年9月23日 火曜日

こんな症状ありませんか?乳房の腫れ



こんにちは☆看護師の市川です(^-^)♪


最近は気温が低くなって、肌寒い季節になってきましたねっ☀

ワンちゃん、ネコちゃんも過ごしやすくなり安心ですね!




今日はこんな症状はありませんかシリーズ☆

【 乳房の腫れ 】についてです!!

ちなみにワンちゃんの場合でお話させていただきます。




乳房の腫れにはいくつか原因があり

乳腺炎、妊娠、偽妊娠、乳腺腫瘍や

精巣腫瘍が出すホルモンの影響による雌性化乳房などがあります。




乳腺腫瘍は悪性のものが50%と言われており

放置するとリンパ節転移や肺への遠隔転移を起こし死に至る事もあります。

若い犬でも乳腺腫瘍になることはありますが

通常10歳以上の高齢犬に発生することが多いと言われています!



早期の避妊去勢手術でかなり予防できる腫瘍なので

繁殖の予定が無ければ早いうちに手術を受けることをおすすめ致しますっ



早期に避妊手術をすると乳腺腫瘍の発生確率が

していない子に比べて下記のようになるそうです。




《 ワンちゃんの場合 》

初回発情前   0.05%

2回目発情前   8%

2回目発情後   26%

4回目発情以降  予防効果なし(避妊していない子と同じ発生率)



《 ネコちゃんの場合 》

6か月齢    9%

7~12か月齢    14%

13~24ヶ月齢  89%

24か月齢以降  予防効果なし







早期発見のためにも日々のボディチェックが大切だと思います(^_^)/


投稿者 やまなか動物病院

カレンダー

2016年3月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31