☆やまなか動物病院のブログです☆

2014年10月16日 木曜日

猫の薬物代謝

こんにちは。

院長の山中です。



猫は薬物で中毒を起こしやすい動物ですが

それは猫の薬物を代謝する能力と関係があります。

その一つにグルクロン酸抱合という代謝経路があります。



薬物の代謝・排泄には

第Ⅰ相反応と第Ⅱ相反応の2段階があり

この第Ⅱ相反応の中にグルクロン酸抱合があります。



グルクロン酸抱合は

薬物を体外へ排出しやすい形にする反応ですが

猫ではこの反応の一部が欠損しています。

細かく言うと

UDP-グルクロン酸転移酵素(UGT) UGT1A6

が欠損しています。

そのためこの酵素で代謝される薬物を摂取すると

中毒を起こしてしまいます。



また、薬物以外の生体異物の解毒に重要な働きをしている

グルタチオン抱合の能力も低いといわれています。



このように猫は人や犬よりも中毒を起こしやすいため

むやみに薬を与えたり、誤食されないように気をつけてあげましょう。


投稿者 やまなか動物病院

カレンダー

2016年3月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31