☆やまなか動物病院のブログです☆

2014年10月17日 金曜日

薬物中毒 アセトアミノフェン

こんにちは。

院長の山中です。



前回、薬物の代謝経路の一つである

グルクロン酸抱合について触れましたが

この反応で代謝される薬物にアセトアミノフェンがあります。



アセトアミノフェンは風邪薬や頭痛薬に入っており

どのご家庭にもあるため犬猫が誤食してしまうことがあります。



アセトアミノフェンを摂取すると肝臓で代謝されますが

その代謝過程で有害な中間代謝産物ができます。

通常はこの物質はグルクロン酸抱合によって

無毒化され体外へ排出されますが

摂取量が多い場合は代謝しきれず

肝細胞や赤血球を酸化障害して

肝障害メトヘモグロビン血症などを起こしてしまいます。



犬ではグルクロン酸抱合で代謝することができますが

多量に誤食することが多く中毒を起こしてしまいます。

この場合は早期に治療しなければ命に関わることもあります。



また猫では薬を誤食することは犬よりも少なく

誤食したとしても少量ですが

グルクロン酸抱合による代謝が行えないため

一粒でも有害な代謝産物が蓄積し

強い中毒症状を起こしてしまいます。

この場合、治療をしても亡くなってしまうことも多いため

薬の管理はしっかりしておきましょう。


投稿者 やまなか動物病院

カレンダー

2016年3月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31