☆やまなか動物病院のブログです☆

2014年11月22日 土曜日

湿度について☆



こんにちは。院長の山中です。



最近、息苦しくて目が覚めると

猫が2~3匹胸の上に乗っています。




寒くなるとよくある光景ですが

季節の変わり目は動物たちも

体調を崩しやすくなるので気をつけてあげましょう。





秋から冬になり空気が乾燥してくると

気管虚脱など気管・気管支に問題のある子は

咳などの症状が悪化しやすくなります。

また小さい子や高齢の子は気管支炎や肺炎を

起こしやすくなります。






そのため部屋の湿度が下がりすぎないように

加湿器などで湿度を調整してあげましょう。

目安としては60%前後がいいかと思います。





湿度が低いと気道の粘膜が乾燥するため

細菌・ウイルス・痰・異物などの排出が悪くなり

感染や炎症を引き起こしてしまいます。






ちなみに人のインフルエンザウイルスは

湿度50%以上になると生存率が激減する

ので人のためにも加湿は有益です。


(人のインフルエンザウイルスは犬猫にはうつりませんが フェレットにはうつることがあるそうです。)




また湿度が50%を下回ると肌が乾燥してくるため

犬アトピー性皮膚炎など皮膚の弱い子にもよくありません。

(人の肌に良い湿度は60~65%だそうです。)





やまなか動物病院

http://www.yamanaka-vet.com/


投稿者 やまなか動物病院

カレンダー

2016年3月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31