☆やまなか動物病院のブログです☆

2014年11月 8日 土曜日

猫かぜ その他

こんにちは

院長の山中です。



猫かぜを起こすのは主に

猫ヘルペスウイルス1型と猫カリシウイルスですが

その他にも

クラミドフィラ・フェリス(クラミジア)やボルデテラ・ブロンキセプティカ

といった細菌の感染がみられることもあります。



クラミドフィラ・フェリスが感染すると

主に結膜炎を起こし結膜がひどく腫れて膨れ上がってしまいます。

まれに肺炎を起こすこともありますが

主症状は目にでるため単独感染では重症になることは少ないです。

また、感染力はヘルペスやカリシウイルス程強くはないため

感染猫と接触しなければうつりません。



ボルデテラ・ブロンキセプティカ

鼻汁・眼やにに加え肺炎を起こします。

特に子猫や免疫力の低下した猫では

肺炎を起こし重症になることがあります。

咳やくしゃみにより細菌が拡散するため

周囲の猫にもうつってしまいます。

また、この細菌は犬のケンネルコフ(犬の上部気道感染症)の

原因菌でもあり犬にも感染してしまいます。

まれに、人にも感染するため免疫力の低下した人は注意が必要です。


投稿者 やまなか動物病院

カレンダー

2016年3月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31