☆やまなか動物病院のブログです☆

2014年11月 6日 木曜日

猫かぜ

院長の山中です。



最近、寒くなってきたせいか

くしゃみや眼やにの症状で来院される

猫ちゃんが多くなった気がします。



この俗に猫かぜと言われる上部気道の感染症は

ウイルス・細菌・クラミジアなどが原因になりますが

特に

猫ヘルペスウイルス1型(FHV-1)猫カリシウイルス(FCV)

によるものが多くみられます。



猫ヘルペスウイルス1型に感染すると結膜炎鼻炎をおこし

結膜が赤く腫れ涙や眼やにが出たりくしゃみや鼻汁がみられます。

さらに結膜だけでなく角膜炎を起こすことがあり

角膜が白く濁ったり、穴が開いてしまうこともあります。

この場合、視力に影響がでたり

最悪、失明することもあるため注意が必要です。

また、子猫や免疫力の低い猫では

重症になり肺炎を起こしてしまうこともあります。



このウイルスは鼻汁や眼やになどの

分泌物中に含まれているため

くしゃみによって広範囲にばらまかれ

同居猫にも感染が広がってしまいます。



また、このウイルスの特徴として

症状が治まったあとも神経節等に潜んでおり

ストレスを受けたり体調を崩した際に

再発してしまうことがあります。



体力のある成猫では亡くなることは少ないですが

子猫や体力の低下した猫では重症になることもあるので

しっかり治療してあげましょう。

また上記のように潜伏感染してしまうので再発防止のため

ストレスのない生活や健康管理をしてあげることも重要です。


投稿者 やまなか動物病院

カレンダー

2016年3月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31