☆やまなか動物病院のブログです☆

2015年3月 6日 金曜日

犬の妊娠・出産について①

こんにちはnote看護師の市川ですwink


今日は「ワンちゃんの妊娠・出産」についてですdogheart02



fullmoon 妊娠期間

基本的な妊娠期間は63日と言われていますが
58日~64日の幅があります


fullmoon胎児の成長



胎児の成長は、超音波検査(エコー)で確認していきますsearch
交配後24日ほどで胎子の心拍が分かります。



レントゲン検査ではおおよそ42日以降で
胎子の頭部や骨格を見ることができますshine



fullmoon出産・分娩

ワンちゃんは出産が近くなると食欲が減退し、巣作り行動
落ち着きがなくなり、排尿が増えたりします。

一番予知する方法としては体温を測定する方法です。
正常な直腸温は38~39℃!

分娩予定の22時間くらい前になると1℃くらい
体温が下がるので、出産が近づいた目安になります。


予定日の7日間から1日3回以上体温を測ってみて下さいねsearch


出産予定日が近づいて来たら準備をしましょうgoodshine


まず母犬には静かで落ち着ける場所に!
そして産まれた子犬が這って外に出ないような
産室(箱)を用意してあげましょう
15~20cmの高さがあると良いみたいですよupwardright








 体温計
出産の兆候を確かめるために使用します
人間用の電子体温計でも大丈夫です。

 タオル
産まれたての羊水で濡れた子犬を拭きます。
多めに用意しましょう。

● 
普通の木綿糸で大丈夫です。消毒をしておきましょう。
へその緒を切るときに使います。
へその緒は母犬が噛み切る場合もありますが、その際止血にも使います。

 ハサミ
へその緒などを切りますので消毒しておきましょう。


 保温箱
先に産まれた子犬を母犬が次の出産をしている間に
いれておく箱が必要です。
産まれたての子犬は自分で体温調節ができないので
タオルなどを敷いた箱を用意しましょう。



では、出産ですdogsign03



moon3 自然分娩の場合 moon3


 産道が拡張し、断続的な子宮の収縮(陣痛)が起こり
 陣痛が強くなり、やがて一次破水が起こります。
 その後、さらに強くなった陣痛とともに羊膜をかぶった胎子が出てきます。
 胎子の入った羊膜は自然に破れるか、母犬が自分で破ってくれます。
 母犬は娩出された胎子の胎膜も破り、臍帯も噛み切ります。

  その後胎子を少し乱暴に見えるみたいですが
母犬がなめて呼吸を促すんだそうですshine


ただし、自然分娩ができない母犬も中にはいます
その場合は飼い主様が手助け(助産)してあげましょうconfident



長くなりそうなので...続きはまた次回に...!
 


投稿者 やまなか動物病院

カレンダー

2016年3月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31