☆やまなか動物病院のブログです☆

2015年5月31日 日曜日

会陰ヘルニアについて☆神奈川県横須賀市・三浦市エリアのやまなか動物病院

昨日から便が出ないとのことで
来院されたワンちゃん。



検査した結果
【 会陰ヘルニア 】
とのこと。


膀胱・前立腺も脱出してしまっているため
後日 手術となりました。








右の方へぼっこり膨らんでますsweat01



会陰ヘルニアとは、
会陰部(肛門と泌尿生殖器の出口周辺)の筋肉が萎縮し、
隙間ができてしまい、そこから
膀胱、腸管、大網、腹腔内脂肪などがとびだして
ヘルニアが形成される事をいいます。




【原因】
劣性遺伝やホルモンの関与が原因と言われていますが、
いまだに不明な部分が多い疾患です。


発症は中年以降の未去勢のオスが圧倒的に多く
前立腺から出るリラキシンと言うホルモンが関与しているとも言われています。





【症状】
症状としては、頑張っても便が少量しか出ず、排便時に痛がる。
肛門の片側、あるいは両側が腫れている。
膀胱が脱出している場合には尿が出にくいといったものです。





【治療】
この病気の治療は原則として手術になります。

お尻周りの筋肉の隙間をなくすことで、
お腹の中の臓器を本来あるべき位置に戻してあげることになります。



左側に見えてるのが脱出した膀胱




肛門周りが膨れてきたり
便が上手くでなくなってきたら

早めにかかりつけ医に診てもらって下さいbearingsign03





神奈川県横須賀市・三浦市エリアのやまなか動物病院でしたぁshine


投稿者 やまなか動物病院

カレンダー

2016年3月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31