☆やまなか動物病院のブログです☆

2015年5月27日 水曜日

肛門周囲腺腫☆ 横須賀市佐原にある動物病院です♪


こんにちは!

トリマーの武田ですchickshine


今日は30℃を越える真夏日みたいですが

みなさま体調は大丈夫ですかsign02

私は夏生まれなので元気満々ですsun(笑)






今日は病気について勉強したので

お話させて頂きますpencil





「肛門周囲腺腫」という腫瘤の病気ですtyphoon



この病気は字のごとく

肛門のまわりに腫瘤ができる病気ですflair


腫瘍の数はひとつだけだったり

いくつか複数できたりしますtyphoon






写真は肛門周囲腺腫が複数できた
9歳の男の子












この腫瘤ができやすいわんちゃんは

7歳以上の去勢していない男の子

多く多発するようですflair



症状として

この腫瘍が大きくなると

わんちゃん本人が気にして舐めたり

または噛んだりすることで

傷つけて出血したり、潰れたり(潰瘍)しますthunder




それから、これらのような腫瘍などは

良性と悪性の2種類あって

この肛門周囲腺腫は良性のものが

ほとんどだそうですflair




ですが...

この女の子で同じものができた場合

悪性の場合が多いようですtyphoon





なのでsign03


bombできものが大きくなっている

bomb気にして噛んだり舐めたりする
((特に出血するほどは注意!!!))


ないかチェックしてあげてくださいpaper





治療方法として...

この病気はホルモンが関係して

できることが多いようなので

手術で摘出して同時に去勢する

という方法をとりますpaper





つまりsign03

もし完全に発症を抑えたいのであれば

若いうちに去勢を済ませておくのが

実はベストなんですflair







肛門周囲腺腫の他にも

若いうちから去勢や避妊を済ませておくことで

防げる病気はたくさんありますshine



でも手術に抵抗があり

ちょっと考えているという方は

相談だけでもお話できますので

お気軽にご相談くださいnotes



 


投稿者 やまなか動物病院

カレンダー

2016年3月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31