☆やまなか動物病院のブログです☆

2015年7月14日 火曜日

心臓病・僧房弁閉鎖不全症について☆横須賀市・三浦エリアの動物病院


こんにちは~

看護師の市川ですnotenote






さて今日は心臓病の

僧房弁閉鎖不全症

についてですflair







僧房弁とは左心房と左心室を区切っている

薄い2つのをいいます。





この弁は心臓が収縮するときに閉じて

左心室から左心房への逆流を

防ぐ働きをしていますsign03




ですが...




高齢になると、この弁が

変形してしまったり、もろくなったりして

きちんと閉まらなくなってしまうんです。




その結果、隙間から血液が逆流してしまい

体に送り出す血液が進行するにつれて

徐々に足りなくなっていきますdowndown




それに気づいた心臓が頑張って

血液を送ろうと心拍数を増やす働きをしますが

繰り返すうちに心臓が肥大して弱っていき

さらに病気が進行すると肺に水が溜まり始めますsweat01






〈 逆流により心臓が肥大する仕組み 〉





肺に水が溜まってしまうのは

心臓と肺がつながっており

逆流した血液が肺で

流れを止めてしまうためですflair




このように肺に水がたまった状態を

「肺水腫」といい

それを引き起こすことによって

最悪、亡くなる場合もあるのですthunder




この心臓の病気は

成長するのあたって発症するもの

つまり後天性の病気ですflair

また原因不明である病気でもありますflair





ただ発症しやすい犬種として

代表的なのはキャバリア

そして、その他の小型犬
(マルチーズ、シーズー、トイプードルなど)


が起こりやすいといわれていますbomb


心配な時はかかりつけの先生に診てもらうようにして下さい。




神奈川県横須賀・三浦市エリアのやまなか動物病院でしたgood

 


投稿者 やまなか動物病院

カレンダー

2016年3月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31