院長談

2014年12月25日 木曜日

異物誤食



こんにちは。院長の山中です。



昨日のブログで異物誤食について話が出ましたが

クリスマスはフライドチキンの骨を食べられてしまう

事件が多発する日です。



フライドチキンの骨は比較的消化しやすいため

食べてしまっても骨が胃の中にあり症状がなければ

そのまま様子を見ることも多いです。

(だいたい次の日には溶けてレントゲンにも映らなくなります。)



しかし、鳥の骨は噛み砕くと尖ってしまい

食道や消化管を傷つけてしまうことがありますし

丸飲みすると食道や腸に詰まってしまうことがあります。

この場合は、繰り返し吐く・お腹を痛がる等の症状がみられます。

このような症状がみられた場合は必ず病院を受診して下さい。



いずれにしても食べられないことが1番なので

鳥の骨はしっかり片づけるようにしましょう。



やまなか動物病院

http://www.yamanaka-vet.com/

投稿者 やまなか動物病院 | 記事URL

カレンダー

2016年3月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

最近のブログ記事