院長談

2015年1月13日 火曜日

フードについて

こんにちは。

院長の山中です。



犬猫は同じフードを食べ続けていると食べが悪くなり

違うフードをあげると食い付きが良くなることがあります。

この新しい物を好む性質をネオフィリアと言い

肉食動物で一般的にみられるそうです。



逆に

新しい物を避ける性質をネオフォビアと言うそうです。

新しいものを好む肉食動物も慣れない環境やストレス下では

ネオフォビアになることもあります。

具体的には

病気やケガで体調が悪いとき

入院中やペットホテルでお預かりしているとき

などに見られます。



この性質は身を守るための本能的な性質と思われますが

病気のために療法食を食べさせたいときは問題になります。

そのようなときは普段のフードに

少しずつ新しいフードを混ぜて行くと

食べてくれることもあります。



また

療法食に飽きて食べないときは

ネオフィリアの性質を利用して

新しいフードを試してみるといいと思います。

最近は療法食も種類が増えてきたので

色々と試してあげてください。

投稿者 やまなか動物病院 | 記事URL

カレンダー

2016年3月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

最近のブログ記事